花見の場面で大活躍してくれる持ち物 - 花見 3月~5月 -

-AD-

花見の持ち物として欠かせない弁当

花見の持ち物の中で、グルメで楽しめるものには弁当がありますが、これは今も昔も根強い人気を誇っています。かつての江戸の市中では、上野山や飛鳥山で行う花見が人気を集めていました。

今でも上野公園や飛鳥山公園では同様の光景が見られますが、弁当を持参することは変わっていません。桜の花を眺めながら食べる弁当は非常に美味しいもので、気分もうれしくなるのが普通です。盛り付けは華やかにする必要がありますが、手作りの良さも出ています。素朴な盛り付けのおかげで、家庭料理としての魅力が増大するのは、今でも同じことです。

弁当の他には、色彩が鮮やかな団子を持参することが多いのですが、花より団子という諺でも有名です。今では露店で焼きそばやビールを購入することもできるため、最低限の持ち物でも対応できます。

花見の際の雨や寒さに対処するための持ち物

花見を楽しむ時期には、多くの地域では朝晩の寒さが残っているため、防寒対策が欠かせなくなります。昼間の時間帯はポカポカの陽気になっていても、夜の時間まで滞在する場合には、羽織るための上着があったほうが安心です。

今では夜間にライトアップを行う場所も多いですから、撮影もする場合には手袋も用意しておけば、手の動きが寒さで鈍くなることがありません。冬の時期とは違って、花見の季節には雨も降りやすくなります。急激な天候の変化に対応するために、雨具も用意しておいたほうが安心できます。雨の中の花見も風流なものですから、寒さと雨だけは上手に回避するように心がければ、誰でも快適な環境で楽しめます。傘については折りたたみ用を持参しておけば、突然の雨にも対応しやすくなります。

花見を快適にしてくれる持ち物

花見の持ち物として、地面の上で快適に過ごすために必要なものにはシートがありますが、種類は様々です。雨に強いビニールシートを使うことがあれば、イグサの香りが爽やかなゴザを敷くこともあります。

敷物の上には弁当やお酒などを並べれば、風流な雰囲気を演出することができます。この風景は伝統的なものですが、今では場所取りの光景としても知られています。桜が見頃になる前から、ゴザやシートが敷かれる状態になるため、多くの人が待ち遠しい気分になっていることが分かります。

このような敷物は簡単に丸めることが可能で、持ち運びに優れることが利点ですが、イスを使うことも珍しくありません。アウトドア用のイスを使えば、足腰が弱っている人でも座りやすく、桜の景色を長時間にわたって眺めることが容易になるわけです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう