都内で花見の名所として知られる公園 - 花見 3月~5月 -

-AD-

花見の名所としては代表的な上野恩賜公園

上野恩賜公園は、武蔵野台地の最東端に位置し、江戸時代には寛永寺の領域として繁栄しました。徳川幕府にゆかりの深い名所ですが、庶民の間では桜の名所としても有名になり、江戸時代を通じて人気を集めました。

幕末の上野戦争で寛永寺の寺領は荒廃しますが、この場所に上野公園が整備されてからは、全国的な花見の名所として絶大な人気を誇るようになったのです。開花から満開の時期にかけては、全国から多くの観光客が訪れ、壮大な規模で宴を楽しみます。

上野の中心地にあるために、今では外国人観光客からも人気を集めています。西側には不忍池があり、都会とは思えないような自然が豊富なことも特徴です。満開時の風景については、東京の春の風物詩の一つとして知られ、多くの人々に強い印象を与えています。

井の頭公園で楽しむ花見

東京23区よりは西側の地域では、井の頭公園が花見の名所として特に有名です。この施設は大変に広大なもので、武蔵野台地の起伏のある地形の場所に位置し、広大な池が残されています。

もともとは湧水が豊かな場所で、武蔵野の美しい自然が特徴でもあります。周辺は住宅密集地ですが、都会とは思えないような景色は変わらずに、満開の時期になれば壮大な桜吹雪を鑑賞できます。都内で屈指の人気を誇る名所ですから、良い場所を取るためには、大変な苦労もすることになります。場合によっては立ち見になってしまうことがありますが、それでも十分に楽しめるだけの魅力があります。この施設で花見をすれば、都会らしい喧騒を忘れながら、ゆったりとした時間を過ごすことができるのもうれしいことです。

日比谷公園は花見の名所としても有名

かつての江戸城の周辺には桜の名所が多いのですが、日比谷公園も代表的な存在になっています。広大な敷地の中で楽しめる風景には、素晴らしい魅力があり、世代を問わずに多くの人を魅了しています。

北側では千鳥ヶ淵も有名になっていますが、日比谷公園では高層ビルを背景にする形で、都会らしい景観を同時に楽しめるのが特徴です。この場所で花見をすれば、日々の疲れも癒すことができます。周辺にはオフィスビルや官公庁の施設が多いために、平日に訪れる場合には忙しさも感じられますが、週末の満開の時期は明らかに違います。多くの人たちが気軽に桜の花々を鑑賞して、日比谷の街並みと調和しています。この場所には西洋的な庭園の要素があるため、伝統的な桜景色には国際的な魅力があるのも特徴です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう