菊の節句,重陽の節句 - 2017年9月9日 -

菊の節句の起源や語源、歴史、
また菊の節句に行われる行事など菊の節句に関することを解説。

-AD-

菊の節句,重陽の節句とは

菊の節句は、五節句のひとつで重陽の節句とも呼ばれます。江戸時代に制定された現在の祝日にあたるような日で、他に七夕の節句等があります。五節句の起源についてですが、昔は奇数は縁起の良い数とされていました。9月9日のような奇数が連なる日を、お祝いの日として以前は厄払いも行われていたようです。菊の節句には、不老長寿を願うための行事が行われます。菊は薬草として利用されてきた歴史があり、そのため長寿を願うために使われるようになったとされています。

もともとは中国由来であると言われていて、日本では平安時代の貴族達の間で広まりました。当時、中国から伝わったばかりと言われる菊を眺めて宴を行い、長寿を願うとともに厄よけもしていたようです。重陽の節句とも呼ばれる由来は、9と言う陽数が二つ重なることから重陽という漢字が使われたとされています。菊の花が咲いている期間は、他の花に比べて長く、それも長寿の力を持つと信じられてきた理由の一つとして考えられます。

菊の節句は、最初は平安時代の貴族が取り入れた行事でしたが、江戸時代になると庶民の間にも広がっていきました。この頃に五節句の一つとして定められ、民間の間では秋の収穫と合わせて祝うようになったようです。旧暦の9月9日は、現在使われている暦で言うと10月中旬に該当します。菊が最も美しく咲いている時期ですが、同時に農業が忙しかったり新暦に代わり季節と食い違いもあって、廃れてきた背景があります。しかし、菊を使った風習は今でも数多く残っています。

菊の節句の特徴は、長寿を願うことと命を尊ぶことです。風習は色々伝えられていて、菊を使って日常の様々なものに使用して楽しみます。菊の花びらをお酒の上に浮かべて風情を感じる菊酒や、お湯に浮かべる菊湯等が知られています。行事としては、菊合わせと呼ばれる、菊の花を持ち寄ってその美しさを競うお祭りが開催されたりしています。食べ物としては、ちょうど秋の食材の収穫時期と重なるため、秋茄子や栗ごはん等が食べられます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう