親子の日 7月の第4日曜日

親子の日の起源や語源、歴史、
また親子の日に行われる行事など親子の日に関することを解説。

-AD-

親子の日とは

親子の日とは、写真家であるブルース・オズボーンの呼びかけによって始まった記念日です。毎年7月の第4日曜日と決まっており、2005年からは公式的な記念日としても認められています。親と子の絆を深めるためにも、この日は家族全員で楽しく過ごすようにしましょう。また、日頃はなかなか伝えられない「ありがとう」という気持ちを伝える日としても適しています。せっかくの親子の日ですから、親も子も素直になることが大切です。

「親子の絆を深めたり再確認する」という目的で、この親子の日は作られました。7月第4日曜日に決まった理由は、5月第2日曜日の「母の日」と6月第3日曜日の「父の日」に由来しています。母の日や父の日と同様に、親子の絆を確かめ合う日として非常に大切な記念日の一つです。この日は一緒に過ごすだけでも良いですが、何かプレゼントなどを贈ってみても良いでしょう。そうすれば絆をさらに強く確認することができるので効果的です。

日本では、2003年から親子の日に関連する写真コンテストが行われています。さらに、2006年からはエッセイコンテストも開催されています。どちらも親子の絆を深めるためには最適のイベントなので、是非一度挑戦してみてはいかがでしょうか。また、こうしたコンテストなどは親子間での会話を生むきっかけにもなります。「親子同士の会話が少なくて困っている」という人は、これを機会にその距離をもっと縮めていけるようにしましょう。

最近では、2007年から始まった「仲の良い芸能人親子を選ぶイベント」が注目を集めています。毎年様々な芸能人親子が大賞に選ばれ、その選出方法は一般人の投票によるものと決められています。また、このイベントのおかげで親子の日についての理解は大きく広がりました。写真コンテストやエッセイコンテスト、そしてこういった親子大賞など、親子の日に関連するイベントは年々増えてきています。その注目度は今後もさらに高まっていくことでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう