読書の日 10月27日

読書の日の起源や語源、歴史、
また読書の日に行われる行事など読書の日に関することを解説。

-AD-

読書の日とは

秋になると、食欲の秋、読書の秋と昔から言われているように、日が長くなるにつれて、家で過ごすことが多くなります。読書の日の起源は、昭和22年までさかのぼると言われています。昭和20年の終戦で、日本国民が深い傷をおおい、唯一読書の時は、無になれた。学ぶことができた時間とされています。読書の日とすることで、みんなが本を集中して読み、悲しみも傷も癒すために、本を読むことを習慣にしていた風習があったのでしょう。

読書の日は、10月27日から11月9日までの2週間と言われています。日本人の国民性は、まじめで勤勉なので、読書週間が設けられてからは、多くの人が意識して、読書に親しむようになった傾向があります。書店や、デパートでは、読書週間になると、おすすめの本や、人気の本を、棚に陳列するようになりました。本に親しみを感じるようになり、インターネットが普及していない活字の時代だったので、誰もが気軽に始められる読書の日が定められました。

読書の日は、戦後から広まっていったと言われていますが、実際に、昭和30年代から40年代になり日本は、高度成長期を迎えるようになってから、デパートや、書店で、読書に親しむということから、読書の日が広められて、盛んになってきた傾向にあります。戦後生活が少しずつ豊かになってきて、趣味を楽しむ時間も増えてきました。情報誌や、新聞だけでなく、趣味の本、好きな本を日本人が楽しむ余裕が心に生まれてきた、昭和30年代から40年代にかけて盛んになってきました。

最近の読書の日は、小学校や、中学校で、図書に親しむ期間として、学校で積極的に行われています。インターネットが普及するにつれて、活字を読む、本を読む若者が少ないと言われていますが、それでも、読書愛好家、小説が好きな人は、月に何冊も読む人も多いです。読書の日は、本屋に行くと、読書週間として話題の本や、おすすめの本がたくさん並べられています。普段読まない人でも、読書の秋には、一冊は手にとって買う人も多いです。原作を読んで映画が話題になる時代なので、映画の人気に伴って、小説が話題をよぶ人気の傾向も高まっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう