豆乳を使ったおすすめダイエットレシピ - 豆乳の日 2019年10月12日 -

豆乳は良質なタンパク質をたっぷり含んでいる健康食品なので、ダイエットにも活用できます。
簡単なレシピを覚えて毎日実践し、美容にも気を配りながら上手に目標体重を目指しましょう。

-AD-

新陳代謝をアップさせる成分がたっぷり

ダイエットをしているときは筋肉を減らさないようにして体脂肪を落とすことが大切なので、タンパク質を上手に摂取する必要があります。豆乳には良質な植物性タンパク質がたっぷり入っているのでカロリーの高いお肉を食べなくても上手に筋肉をつけることができます。

ほかにもコレステロール値を下げたり、ホルモンバランスを整えたりするための栄養素が含まれていて、カロリーの低い食材なのでダイエットに向いています。豆乳専用のレシピ以外にも、牛乳を使うレシピを豆乳に置き換えることでカロリーを減らしてヘルシーな食事ができるのでいつもの料理をダイエットレシピに変身させることも可能です。毎日続けて健康的に取り組んでみましょう。

置き換えに便利な豆乳のシェイクやスムージー

誰でも簡単にできるダイエット方法の一つは食事を1食分置き換える方法です。市販の高いスムージーを買わなくても、豆乳を使って自分で作ればお金をかけずに簡単に痩せられます。牛乳を使ったスムージーやシェイクのレシピは全て豆乳で置き換えができるので、バナナやにんじん、リンゴなど好きな材料を合わせてミキサーにかけるだけであっという間に完成します。

おすすめはバナナとはちみつ、黒ゴマを混ぜたダイエットスムージーのレシピで、食物繊維やミネラルを摂取できてバランスのよい食事が続けられます。アボカドやブルーベリー、オリゴ糖なども豆乳と相性がいいので、シェイクのレシピに活用すると腸内環境を整えながら上手にダイエットに取り組めます。

体を温める豆乳ベースのスープ

ダイエット料理のレシピで必ず登場するスープも、豆乳を使えばコクのある仕上がりで美味しく作れます。カボチャ4分の1個と玉ねぎ半分を少量の水とスープの素で煮込み、仕上げに豆乳200ccくらいを加えてピューレにすればあっという間にカボチャのポタージュスープができて、腹もちがいいのでダイエットに最適です。

野菜スープも豆乳を使うとまろやかに仕上がるので、にんじん、玉ねぎ、じゃがいも、セロリを100ccくらいの水とコンソメで煮込み、最後に豆乳を150ccほど加えて煮立たせるとコクのあるダイエットスープができます。好みで少量のベーコンや鶏肉を加えるのもおすすめで、栄養バランスのよいレシピになります。

グラタンやドリアも豆乳で

ダイエット中でもボリュームのあるグラタンが食べたくなったり、どうしてもドリアやクリームシチューが欲しくなったりすることがあります。そんなときはホワイトソースのレシピを豆乳で作ればカロリーが減ってヘルシーに仕上がります。

牛乳の分量をそのまま豆乳に置き換えて、バターは低脂肪マーガリンにするなどなるべく工夫をすればホワイトソースたっぷりのグラタンも罪悪感なく食べられます。一番のおすすめは豆腐のグラタンで、少量のミートソースと豆乳のホワイトソースを豆腐にかけてオーブンで焼くだけで作れます。マカロニを使うよりずっとカロリーが少ないのでたっぷり食べられて、健康にもよい優秀なレシピです。

好きなものを食べながらダイエット

豆乳を使ったスムージーやシェイクはビタミンやミネラル、食物繊維もしっかり摂取できて簡単に作れるので毎日の置き換えダイエットに有効です。牛乳のレシピ本をそのまま応用すればいいのでお気に入りのスムージーを飲んで幸せな気分になることができます。

豆乳のスープは腹もちがよく、体の芯から温まるので脂肪燃焼効果も期待できます。野菜をたっぷり食べられて、優しい甘さもあるので作り置きしておけば忙しい日もバランスのよい食生活を続けられます。しっかり食べたいときは豆乳でホワイトソースを作ればドリアやグラタン、ホワイトシチューも罪悪感なく食べられて、ストレスのないダイエットができます。レシピを覚えて上手にダイエットを続けましょう。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう