美味しい豆腐のおすすめの作り方とは? - 豆腐の日 2018年10月1日 -

美味しい豆腐を作るにはどうすれば良いのでしょうか?
家庭でも作ることができるおすすめの豆腐の作り方は簡単なのでしょうか。誰にでも簡単に作れる作ることができる方法とは。

-AD-

にがり豆腐を作ってみよう

おいしい豆腐はどうやって作るのでしょうか?家庭でも簡単に豆腐を作ることができればいつでも新鮮な豆腐を食べることができますね。豆腐を味噌汁に毎回入れているという人も多いのではないでしょうか。そんなおすすめの美味しい豆腐を家庭で作ることができればいつでも新鮮な豆腐を食べることができます。

まずは正しい豆腐の作り方を学んで、アレンジレシピなども考えてみても良いかもしれません。豆腐を作ることをマスターすることができれば、豆腐作りに余った豆乳なども活用することができますから健康的にもおすすめでしょう。また白和えなどもおからで作ることができますので、豆腐を作って何品も作ることができるので、一品二品、おかずが増えて嬉しいですね。

作る材料を集めてみよう

まず最初に豆腐作りの材料を集めてみましょう。

豆腐を作るのに集める材料は至ってシンプルです。2丁の豆腐を作るには大豆2カップ、にがりを20㏄、水を16カップ用意します。これでおすすめのお豆腐が家庭で作ることが出来るので、かなり購入するよりもリーズナブルに押さえることができます。

また、箱型も用意する必要があります。豆腐を流し入れるものですね。そこに水切り用の穴が開いており、落とし蓋のあるものが良いでしょう。あとはこし袋に箱布、ミキサーや温度計もあれば便利です。木べらや大鍋、ざるも必要になります。これらは全て家庭でも簡単に用意することができますから、おすすめですね。箱型は購入しなければならないかもしれませんが、こし袋などは木綿の袋でも代用が効きます。

おすすめ豆腐の作り方とは?

さて、材料や道具が揃ったところで、豆腐の作り方を学んでいきましょう。

まずは大豆を洗って7カップの水で一晩寝かせます。大豆はそのまま煮込むと硬いままなので、一晩寝かせるのがコツです。翌朝、大豆をミキサーにかけます。つけ水ごとミキサーにかけてしまいましょう。1分から2分半くらいでミキサーから外し、大鍋に7カップの水を沸騰させて、そのまま大豆のすりおろしをそのまま入れます。木べらで底の方からかき混ぜ、強火で煮込んでいきます。沸騰したら煮こぼれ防止のために火を弱め、7分程度煮込んでいきましょう。

その後、出来上がった豆腐をこし布で絞ります。袋をザルに乗せて、木べらでこしていきましょう。その後は箱型に豆腐をおたまで移し、重石を載せて、豆腐が完成するのを待ちます。20分からおよそ30分で豆腐は固まりますから、冷水で締め、早めに冷蔵庫に移しましょう。

おすすめ豆腐の材料選びのポイントとは?

豆腐を作る場合、材料選びもポイントの1つになります。おすすめはにがりや大豆を見極めることですね。大豆は良質なものを選び、水にもこだわりましょう。またにがりにもこだわったほうがおすすめの豆腐ができあがります。

豆腐作りに使うおすすめの大豆を選ぶ基準は、2通りあります。等分とたんぱく質が多いもの、そして大粒の大豆です。おすすめは、たんぱく質が多い豆は凝固剤と反応するたんぱく質量が多く、歩留まりがよくなります。更に大粒の豆を使うことで収れん味と言って、アクの一種を抑えることができ、美味しい豆腐に仕上がるでしょう。

またにがりにもこだわりがあります。天然のにがりがとても適切で、海水からできた天然にがりはミネラル豊富で大豆の風味を失うことなく豆腐を固めることができるでしょう。

意外?豆腐の作り方は意外に簡単!

豆腐の作り方を一度覚えてしまえば、自宅でも簡単に豆腐を作ることができます。意外に作り方は簡単なので、いちど挑戦してしまえばなんてことありませんね。作り方にまだ自信が持てないという人は、2回、3回と挑戦してみましょう。そのうちコツが分かってきて美味しい豆腐の作り方を覚えることができますよ。

やはり豆腐はたんぱく質として良質なものですから、作り方を一度マスターして、新鮮な豆腐を毎日でも食べたいものですね。作り方が難しい・・・そう思っていても、実際作ってしまえばそれほど難しいものではありません。あとは作り方をマスターして、美味しい豆腐を作るのみです。実際残りかすのおからや豆乳も大活躍してくれますから、一家で健康になれるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう