豆腐を食べることでできるダイエットの効果 - 豆腐の日 2018年10月1日 -

豆腐は大豆からつくられる健康食品です。日本では古くから重要な蛋白源として摂取されてきました。
豆腐を正しく食べることにより、十分なダイエット効果がもたらされます。

-AD-

日本の伝統食が再評価される理由

豆腐は日本の伝統食の一つです。海外では、鮨を中心に日本の食品が見直されています。鮨は日本では必ずしもダイエット効果があるとはみなされていませんが、ボリュームあるステーキを日常的に食べる米国などでは、鮨を食事に組み込むことにより、ダイエット効果があるとみなされています。

豆腐は海外でも一部で食されていますが、日常の食品として普及しているわけではありません。日本では豆腐は家庭の日常的な食品としての地位を占めています。最近では日本の伝統食としての豆腐は、ダイエット効果があることが注目されています。豆腐の持つ栄養素と食事の中での豆腐の役割を知ることで豆腐をダイエット食品として活用し、効果を出すことが期待されています。

意外と知られていない豆腐ダイエットの効果

食事の量を極端に減らしたり、無理な運動によるダイエットは、健康を害する恐れがあります。その中にあって、日本で日常的に食べられている食品を利用して、ダイエット効果が得られものとして、豆腐に注目が集まっています。

豆腐には豊富なたんぱく質が含まれ、動物性脂肪が含まれないことから、健康を害さずにダイエット効果が期待できる食品として、再評価されています。豆腐はある程度のボリュームがあるので満腹が得られます。他の食品との組み合わせもできるので、毎日の食事に採用できます。豆腐の持つ潜在的な魅力は、ダイエットを考えている女性を中心に、人気を得ています。日本の伝統食の一角を担う豆腐が注目されていることは、日本文化を再評価することにつながります。

生きるために必要な栄養素を含む豆腐の魅力

ダイエット効果が期待できる豆腐には、生きるために必要な栄養素が多く含まれています。精製度の低いお米と、豆腐を組み合わせることで、人間の生命維持に必要なたんぱく質が摂取できます。精製度の低い穀類と豆類の組み合わせにより栄養を摂取していることは、日本食だけではありません。世界の多くの地域で、精製度の低い穀類と豆類の摂取により、生命が維持されています。

豆腐に含まれる栄養素としては、たんぱく質、ミネラル、ビタミンの他、イソフラボン、レシチン、リノール酸、オリゴ糖などがあります。この中でも特筆すべきなのがたんぱく質、すなわち、アミノ酸です。人間の生命維持に必要なアミノ酸は大豆だけで摂取することはできませんが、お米と組み合わせることにより完全となります。

無理なく豆腐ダイエットを続けるコツ

豆腐ダイエットは一度や二度の食事で効果が得られるものではなく、豆腐を長期間摂取し続けることにより、効果が現れます。豆腐ダイエットを成功させるためには、豆腐の持っている栄養と特性を利用することが大切です。豆腐はたんぱく質が豊富ですが、糖分はそれほど多くは含んでいません。そのため、お米やパンの代わりとして摂取するのには無理があります。

しかし、豆腐を主要な蛋白源として摂取するのは自然です。動物性蛋白源の中でも肥満の原因となる肉類を減らし、代わりに豆腐を摂取することで、自然なダイエットが可能です。長く続けることが可能なので、ダイエット効果が得やすくなります。お米もしっかりと食べることができるので、スタミナ不足になることもありません。

日本の伝統食により得られるダイエット効果

それぞれの民族には、生命を維持するための伝統食が伝わっています。生命維持に必要な栄養素を摂取できる伝統食なしには、その民族は生きながらえることはできなかったはずです。日本の伝統食は、お米・豆・多品種の野菜・魚卵・鶏卵・近海でとれる海のものです。豆腐の原料の大豆は、お米と組み合わせることで、必須アミノ酸の全てを満たすことができます。

日本人の食事は、伝統的にお米と豆を中心に組みたてられてきました。食事の欧米化により日本の伝統食の評価は一時下がりましたが、豆腐によるダイエットは、日本の伝統食を見直すことにつながります。伝統食は単にダイエット効果があるだけでなく、健康を維持するために必要なものです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう