運気が上がる場所(パワースポット)をご紹介します - 運気 2019年1月1日 -

パワースポットとは運気が上がる場所のことであり、訪れることで大地のエネルギーを取り入れることができます。
元気になりたい人は東京の神戸岩や、埼玉の黒部三滝や、千葉の高部神社などを訪れてみましょう。

-AD-

パワースポットを訪ねることで運気が上がります

近年では運気の上がるパワースポットとして、様々な場所が注目を集めています。パワースポットという用語は、日本独自の和製英語です。大地のエネルギーが満ち溢れ、大地のエネルギーを取り入れることができる場所だと考えてください。日本には古来より風水に基づいた考え方があり、神や仏がやどる神聖で清浄な地は弥盛成地(いやしろち)と呼ばれ、一方で元気を吸い取られ草木が育たない地は気枯地(けがれち)と呼ばれていました。

この弥盛成地が現在におけるパワースポットの始まりであり、訪れることで気持ちがスッキリとして、癒やしの効果などが期待できるのです。今回は関東近辺の代表的な運気が上がる場所をご紹介しますので、元気になりたい人や願いを叶えたい人はぜひとも訪れてみてください。

神戸岩は東京都にある運気が上がる大岩峰です

神戸(かのと)岩は東京都西多摩郡檜原村にある大岩峰で、都の天然記念物となっています。東京都内にある知る人ぞ知るパワースポットとなっていますので、運気を上げたい人はぜひとも訪れてみてください。神戸岩は清流に挟まれた川の中にあり、ロッジ神戸岩というキャンプ場の所有物となっています。近くには駐車場があり、車が通れない洞窟のようなトンネルを抜けた先が神戸岩です。

岩の近くは渓谷で鎖を頼りに狭い通路を進む鎖場となっており、壁に沿って進むと神戸岩に到着します。自然に囲まれた山中はリフレッシュには最適ですが、到着するまでの道のりはかなりハードなものになりますので、しっかりと準備をして気合を入れて訪れてみてください。

黒山三滝は埼玉県にある運気が上がる三つの滝です

黒山(くろやま)三滝は埼玉県入間郡越生町にある、三つの滝の総称です。県立黒山自然公園の一部であり、1950年には新日本観光地百選(瀑布の部)の第9位に選出されています。男滝と女滝と天狗滝があり、男滝と女滝は重なり合った2段構成の滝となっています。上が男滝、下が女滝で、男滝は室町時代から修験者の霊場とされてきました。

天狗滝は男滝と女滝のやや下流にあり、こちらはハイキングコースからはやや離れた場所になりますので、訪れる際には見落とさないように注意をしてください。黒山三滝の近くには駐車場が整備されており、駐車場からハイキングコースを10分ほど歩けば三滝に到着します。さらに車で10分程度の場所には、同じく運気が上がるスポットとして知られる龍穏寺があります。時間に余裕があれば、あわせて訪れてみましょう。

高部神社は千葉県にある運気が上がる神社です

高家(たかべ)神社は千葉県南房総市にある、料理の神様がまつられた神社です。近年ではさらに恋愛成就のスポットとしても有名であり、参拝に訪れる人の数が増えています。高部神社は南房総Lovers'Spotのひとつであり、恋に効くパワースポットとして紹介されているのです。「彼氏の心をつかむためにはまずは胃袋から!」と考える女性は、ぜひとも一度訪れてみてください。

高部神社にまつられているのは、磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)という日本料理の神様です。拝殿の近くには使われなくなった包丁を奉納する庖丁塚があり、毎月17日には庖丁供養祭が行われています。最寄りの駅はJR内房線千歳駅ですが、駅からは2km程度の距離がありますので、訪れる際には自家用車を利用するのがおすすめです。

運気を上げるためには本人の努力も必要です

今回は東京・埼玉・千葉の運気が上がるスポットをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。パワースポットは運気を上げることができるおすすめの場所ですが、だからといってそればかりに頼ってしまうのはおすすめできません。運気を上げるためにはやはり、本人の努力が必要不可欠なのです。

例えば仕事で失敗をしても「良い経験をすることができた」とプラス思考で考えれば、暗く落ち込みやすい気持ちを明るく前向きな気持ちに変えることができますし、失敗の経験を次の成功に活かすことができます。常に謙虚な気持ちと感謝の気持ちを忘れることなく、幸せは自分自身で呼び寄せるものであることを認識して、日々の生活に前向きに取り組んでみてください。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう