運気が下がる場所に注意してよい気をもらう - 運気 2019年1月1日 -

汚い部屋や水場、日が当たらないような場所はマイナスの気がたまりやすいので運気が下がる原因になるので注意が必要です。
運気が下がるような場所をしって近寄らないようにしましょう。

-AD-

知らないうちに運気が下がっているかも

運気は繊細で気まぐれなので環境によって大きく影響されます。良い運気を呼び込むためには悪い気が溜まるような所には近寄らないようにすることが大切です。どんなところが良くないのか知っておくことで、悪い運気を退けてよいパワーをもらいやすくなるのではないでしょうか。

毎日生活をしている身近な所でも悪い気が溜まってしまう原因はたくさんありますし、自分で気が付かないうちに悪い環境を作ってしまっているかもしれません。どんなところに気をつければいいのか、やっていいことと悪いこと、悪い気を払うためにはどうしたらいいのかを知って、よい気をたくさんもらえるようにしていきましょう。難しいこともないのですぐに実践することができます。

汚い部屋や水場は運気の敵

汚れている場所や乱雑に物が知らがっているところは、どこでも運気が下がる原因です。特に自宅の部屋やトイレなどの水場が汚いと常に悪い気を浴び続けることになってしまうので注意しましょう。運気はきれいな場所に集まります。汚い場所は人でもいるだけでなんだか嫌な気分になってきたり、滅入ってきてしまうのもわかるのではないでしょうか。

だらしない生活をしているとそれだけ悪い気がたまってしまって運気もどんどん下がってしまうので注意が必要です。運気を上げるためにはいらないものを捨てる、きちんと掃除をするということが大切です。特に床に物を投げだしていたり、トイレの汚れが付いたままになっているのはよくないのできれいにしましょう。

夏の肝試しでよくない気をもらうことも

良い気をもらえる場所のことをパワースポットといいますが、逆に悪い気をもらってしまう逆パワースポットもあるので気を付けたいところです。どんなところなのかというと心霊スポットなどマイナスの気がたまっているような場所のことです。霊感が強い弱いに関係なく、心霊スポットには怨念や邪念といったマイナスの気が多くたまっています。

悪い気を浴びてしまうとどんな人でも運気が下がる原因になります。それもおもしろ半分に近寄るようなことをしていると悪い気をもらいやすくなるので気を付けましょう。心霊スポットだけでなく、昔処刑場だったところや墓場だったところもよくありません。運気を下げないためにも逆パワースポットには近づかないことが大切です。

日が当たらないとパワーももらえない

良い運気は風通しが良くて日光が良くあたるきれいな場所に集まりやすいです。逆に考えれば日光が当たらないじめじめとしたカビが生えているような所には、悪い気がたまってしまうので近寄らないように注意しておくとよいでしょう。カビが生えているようなところにいると、病気にもなりやすいなど運気を下がる原因になります。

特に自宅にカビが生えているのなら注意しなければなりません。知らないうちにどんどん運気が下がることになっているかもしれないので、しっかりと掃除をしてカビを除去して空気の入れ替えをしてあげるようにすることが大切です。明るくて清潔に保つことが運気が下がることを防いでくれる方法になります。

日頃から注意して生活をする

特別な場所に行かなくても身近に運気が下がる原因はたくさんあります。自宅も散らかっていれば悪い気がたまってしまいます。風通しが悪かったり日が当たらないような環境もよくありません。カビも生えやすく、いつの間にか澱んだ空気がたまってしまいます。悪い気がたまると運気が下がるだけでなく、病気になってしまうなどの実害も出てくる可能性があるので、できるだけ掃除をしてきれいにしておくようにしましょう。

自分から心霊スポットのような逆パワースポットに行くのもやめましょう。おもしろ半分に肝試しなどをしていると、悪い気に取りつかれてしまうかもしれません。運気をアップさせるようなパワースポットに積極的に出かけていくとよいでしょう。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう