遠距離恋愛の日 - 2017年12月21日 -

遠距離恋愛の日の由来は、12月21日という数字にあります。
日頃なかなか会えない分、この日の過ごし方は、できれば直接会い、無理なようであれば近況を電話などで報告しましょう。

-AD-

遠距離恋愛の日は何日

遠距離恋愛の日は、12月21日です。このような日があるということを知らない人がほとんどではないでしょうか。クリスマス前のこの時期に、遠距離恋愛をしているカップルにエールを送るという意味や由来があります。

遠距離恋愛というのは、すぐに会える距離ではないために、恋愛を長続きさせるためにはお互いの努力が必要です。仕事などが忙しくても、近況を報告するといったことで、お互いの状況を理解し、恋愛を育てていく必要があります。さみしいからといって、相手のことを考えずに連絡するのではなく、時間や連絡手段などを考え、生活のペースを乱さないことが大切です。遠距離恋愛の日には、お互い意識して会話すると、より愛も深まるでしょう。

遠距離恋愛の日の由来

遠距離恋愛の日には由来があります。1221という数字の、両側の1が離れ離れになった状態をあらわし、真ん中の2が近づいた2人をあらわしています。また、他の由来として、距離は離れてしまっていても、気持ちはいつも2人でいるというものもあります。

この由来は、アナウンサーによって全国的に広まったという説と、女子高生の間で都市伝説的に広がったという説があります。1221という数字を良く見てみると、真ん中の2という数字は背中を丸めて身を寄せあっている姿にも見えます。由来があると知ると、数字を見ただけでロマンチックな気分になることができます。遠距離恋愛の日という日がある、由来があるというのは、昔も今もそれだけ人の心を惹きつける魅力があります。

遠距離恋愛の日に込められた意味

遠距離恋愛の日に込められた意味は、クリスマス前の時期に遠距離恋愛中のカップルにエールを送るという意味があります。さらに、遠距離恋愛中のふたりが、クリスマス前に会うことで、愛を確かめるという意味もあります。遠距離恋愛の日の由来を知り、この日に会うことで、なかなか会えない不安な気持ちを明るくすることができるでしょう。

エールをもらえるだけで、心強いものになります。もし、クリスマスの日に会うことができなくても、遠距離恋愛の日が21日だということを知れば、ふたりで会おうという気持ちが高まります。この日の過ごし方によって、遠距離恋愛のふたりの心の距離を縮めることは可能です。由来を知り、行動にうつすことが大切です。

遠距離恋愛の日の過ごし方

遠距離恋愛の日の過ごし方は、できるだけ一緒にいるようにしましょう。クリスマス前なので、プレゼントを選ぶといった過ごし方もおすすめです。普段会えないふたりが会えるため、過ごし方といっても厳密な決まりはありません。お互いがお互いのことを考えて、過ごし方を決めるのがいいでしょう。

映画が好きなのであれば、一緒に見に行くという過ごし方もありますし、家の中で好きな作品を鑑賞するという過ごし方もあります。残念ながら、仕事で会えないという場合は、電話やメールでお互いの近況を報告するという過ごし方がおすすめです。会えないということを責める過ごし方ではなく、今度会えるときが楽しみになるようにしましょう。

遠距離恋愛の日を大切に

遠距離恋愛の日は、遠距離恋愛中のふたりにとって大切な日です。けれども、由来や過ごし方にこだわるのではなく、お互いのことを思いやることが大切です。仕事で会えないということを責めてはいけません。せっかくの遠距離恋愛の日が台無しになってしまいます。

遠距離恋愛の日があるのは、ふたりを応援するためと、ふたりの愛が深まるようにするためです。12月21日という日が、ふたりにとって特別な日になるようにしましょう。クリスマスには会いたいという気持ちや、これからのふたりのことを話すきっかけになればいいでしょう。遠距離恋愛の日だから会って当たり前という気持ちではなく、一緒にいることが幸せだと確認できる日になるといいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう