「遠距離恋愛の日」だからこそ考える長続きする秘訣とは? - 遠距離恋愛の日 2018年12月21日 -

「遠距離恋愛の日」といっても、ほとんどの人にとっては認識すらしていないイベントだと言っても過言ではないでしょう。
ただ、「遠距離恋愛が長続きしづらい」という認識を持っている人はたくさんいます。そこで、長続きの秘訣を確認しておきましょう。

-AD-

「遠距離恋愛の日」だからこそ意識を向けることが大切

世の中のカップルの多くは、少なくとも「遠距離」と言えるほど離れた環境以外で生活をしています。そもそも「遠距離恋愛」と定義する距離がどの程度なのかという問題もありますが、具体的な距離云々ではなく、本人たちが「遠距離恋愛だ」と感じられるのであれば、その距離はすでに遠距離恋愛に該当するのだという認識を持っても良いでしょう。

本来、遠距離恋愛だからと言って長続きしづらくなってしまう要因にはなり得ないはずですが、実際に遠距離恋愛は長続きしづらいと感じている人がたくさんいます。本当に長続きしづらいのか、それとも思い込みでしかないのかをはっきりさせるためにも、「遠距離恋愛の日」をきっかけに長続きさせるための秘訣などに興味を持ってみると良いでしょう。

【遠距離恋愛の日】長続きの秘訣は「疑わないこと」

「遠距離恋愛の日」だからこそ考えたい長続きの秘訣ということですが、なぜ長続きしないのかが分かれば必然的に長続きするようになると考えることができます。要するにそれこそが「秘訣」と言えるものなのですが、それが分からないからこそ「遠距離恋愛の日」に恋人への思いを募らせる人がたくさんいるわけです。

遠距離恋愛を長続きさせるための秘訣の1つ目は、「恋人のことを信じる」ということです。遠距離恋愛中は何かと不安を感じやすい状態になるため、相手のことを疑ってしまいがちです。すると、それが信頼関係に修復できないほどの軋轢を生む原因になってしまい、最終的に破局に至るという流れが多いです。できるだけ疑わないように心がけるだけでも結果が変わってきます。

【遠距離恋愛の日】隠し事をしない関係づくり

「遠距離恋愛の日に学ぶ長続きの秘訣その2」は、不必要な隠し事をしないようにするということです。人間だれしも少なくない隠し事を持って生きていると言っても良いでしょうが、必要以上に隠し事をする必要はありません。「隠した方が良いこと」というものもある以上、一切の隠し事をしない関係性を求めることは無理がありますが、必要な情報開示をするといった程度ならばストレスにはなりづらいです。

相手のことを疑わないようにすることが秘訣だと紹介しましたが、それには疑いを持たれないような日頃の行動が重要です。「遠距離恋愛の日」だからこそ改めて確認するべきこととして、「相手が何か隠し事をしているのではないか」という不安を感じているかどうかを考えてみると良いでしょう。

【遠距離恋愛の日】会わなくても良いと感じられる

「遠距離恋愛の日に学ぶ長続きの秘訣その3」は、会わなくともストレスを感じない関係性を構築するということです。付き合いたてのカップルなど、四六時中一緒にいたいと感じるような精神状態では遠距離恋愛が長続きする可能性は極めて低いです。

「遠距離恋愛の日」が推奨している秘訣として、「別に会わなくても問題ない」と感じることができるような精神状態、関係構築を目指す方法があります。理解しづらいと感じる人もいるでしょうが、要するに「円満な家庭を築いている夫婦が四六時中一緒に居たがるのか」ということです。もちろん、居たいと思うこと自体に罪はありませんが、「必要なときにさえいてくれれば良い」という程度に認識できるようにすることが秘訣です。

遠距離恋愛はある種の疑似夫婦体験

未婚率の上昇が社会問題として叫ばれる昨今、「なぜ結婚しようと思わないのか」という質問に対する回答は「必要性を感じないから」というものが非常に大きな割合を占めています。たしかに、現代社会において結婚の必要性はなくなってきていることは確かですが、一方で「結婚したい」と思っている人もたくさんいます。

お互いの価値観、将来間、健康状態などさまざまな要因がマッチした場合に結婚という結果に至ると考えると、その前段階で信頼を構築することができなければ成功する未来はあり得ません。夫婦になってからの生活を事前に想定できるかどうかが大きなポイントであり、そういう意味では遠距離恋愛=疑似夫婦体験だといえます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう