「遠距離恋愛の日」だからこそ考えたい不安解消の方法 - 遠距離恋愛の日 2018年12月21日 -

普段、不安やストレスを感じながらも我慢している遠距離恋愛カップルは少なくありません。
もちろん、中には一切の不安を感じていないというカップルもいるでしょうが、「遠距離恋愛の日」をきっかけに解消を目指して協力しましょう。

-AD-

遠距離恋愛の日に託けて不安を解消すれば長続きできる

「遠距離恋愛の日」だからこそというわけではないのですが、多くの遠距離恋愛カップルは日常的にさまざまな不安やストレスを感じながら生活を送っています。近くにいてさえくれれば不安を吐き出して喧嘩をすることもできますが、遠距離恋愛中は「もしかするとこのまま破局してしまうかもしれない」などの不安が勝り、中々本心を打ち明けられないものです。

しかし、そのままの状態では精神的なストレスなどが原因で長続きしない可能性があります。強制的にということではないにしろ、「遠距離恋愛の日」に託けてお互いに改めて信頼を得るような話題について話してみるというのも良いでしょう。広く知られているわけではない「遠距離恋愛の日」ですが、知っていればこその活用が可能です。

遠距離恋愛の日に話したい内容は「将来像」

相手に対して何といって切り出せば良いのか分からないという人も多いでしょうが、結局のところは自身が抱えている不安解消、もしくは相手が抱えている不安解消ができさえすれば何も問題ありません。「遠距離恋愛の日」というきっかけを利用すれば話し合いの場にスムーズに相手をあげることができる可能性があるというだけの話で、必ずしも「遠距離恋愛の日」を使わなくても大丈夫です。

具体的に何を話せば良いのかというと、実際は状況によって内容を変化させる必要があります。ただ、きっかけとして重宝する話題の一つが「将来のビジョン」です。この話題は結局のところ「結婚の意思確認」などに話をつなげやすいため、不安解消法としては高い効果が期待できます。

「遠距離恋愛の日」を利用して会う時間を作るのも良い

世の遠距離恋愛カップルが長続きしづらい理由の一つに、「会う時間が少ないから」というものがあります。遠距離恋愛中に会う時間が少なくなるのは当然なのですが、そういう意味ではなく「会おうとしなくなること」が最大の問題です。

お互いに会う必要性を感じない状態であれば何も問題ありませんが、一方が不安やストレスと感じているのであれば解消する機会を作ることが大切です。男女の違い、恋愛観の違いなどの要因が大きく関係しますが、もしも会いたいと思っているにもかかわらず中々機会が得られずに不安やストレスを感じているのであれば、「遠距離恋愛の日」を理由に会う時間を作ると良いでしょう。仮にわずかな時間でも、不安を解消する効果は絶大です。

ストレス解消=長続きの可能性アップにつながる

不安やストレスと感じていると、それを理由に「よりストレスフリーな環境」に逃げてしまいやすくなります。恋愛に関する不安やストレスを解消する方法であれば、「より近くにいる異性」「より尽くしてくれる異性」などに対して魅力を感じてしまいやすくなるため、結果的に破局の可能性が高まります。

適度にストレスを解消できている者同士のカップルであれば、遠距離だろうが近距離だろうが変わらない関係のまま交際していくことが可能です。当然、距離に応じて生活スタイルの変化は起こる可能性はありますが、長続きする可能性をより高めるためにも「遠距離恋愛の日」を利用して、お互いのストレス解消について話し合ってみると良いでしょう。

長続きさせたければ「無理をしないこと」が大切

基本的に、どのような状況であれ人間は大なり小なり我慢をしながら生きています。自分勝手に自由奔放な生活を送っている人ですら何かしらの我慢があり、それによってストレスを感じていて、最悪の場合はそれが原因で感情が爆発してしまうこともあるほどです。人間性などを含め個人差が大きな部分ではあるものの、遠距離恋愛を長続きさせ、最終的に結婚を目指すつもりであれば「お互いに自然体で過ごせること」を意識することがとても重要です。

「親しき中にも礼儀あり」として礼節を重んじることはもちろん大切ですが、それは相手のことをリスペクトしているという意味で果たせれば十分でしょう。無理をせず、我慢をせず、隠し事も極力しない関係が構築できれば、距離に関係なく思い描く幸せな将来を手に入れることができます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう