遠距離恋愛の日の定義と遠距離を続けるこつは? - 遠距離恋愛の日 2018年12月21日 -

365日何かしら「○○の日」がありますが、クリスマス直前の12月21日は「遠距離恋愛の日」です。
遠距離恋愛はどれほど離れているものかという定義や続けていくこつをみていきます。

-AD-

遠距離恋愛の日は12月21日なのは何故?

クリスマスの直前の12月21日は「遠距離恋愛の日」です。遠距離恋愛だからクリスマスに合うなら分かりますが、何故12月21日かというと、その数字の語呂に隠されています。「1221」の両端にある「1」は恋人を表し、間の「2」は寄り添った二人を表すことから、遠距離恋愛の日と定義されています。離れていても、二人の気持ちはひっついているということも含まれています。

クリスマスなど年末は何かと忙しいので、クリスマス前に二人の愛を確かめましょうという意味もあります。この遠距離恋愛の日の定義をした人は、ラジオ番組のアナウンサーともいわれ、遠距離恋愛の人にエールを送るという意味もあったようです。

車で会える遠距離恋愛の続けるこつは?

遠距離恋愛といっても、人によって遠距離の距離の定義は様々です。もちろん年齢によっても、その距離は変わってくることでしょう。2,3時間程で会いにいくことができる比較的近い場所での遠距離恋愛の場合でも、お互い仕事をしていたりすると会う日数が限られてくるでしょう。2,3時間の距離だから会おうと思えば会えると思い、会わないでいると次第に気持ちも離れていくことがあります。

どちらかが一方がいつも会いにいくというのではなく、お互いが行ききし合うことで、会うことができます。たまに、相手には内緒で会いにいくなどすればサプライズで愛が深まります。遠距離恋愛の日には、是非サプライズであいにいくなどするといいでしょう。

遠距離の距離の定義は?

距離が何キロ離れているから遠距離恋愛であるというような定義はありません。お互いが、会いたいのに遠いと思った時、遠距離恋愛という定義もあるでしょう。しかし、実際の問題として、会うために新幹線や高速道路で何時間も走らなければいけないという距離での恋愛の場合、経済的にもお金がかかることがあります。そうなると、何度もあうことができない場合があります。

今では、格安切符や早割などもあるため、前もって決めておき、会える楽しみを作っておくのも一つでしょう。また、二人の中間地点で会うという方法もあります。どちらから一方がいつも行くなどでは、いつかどちらかに不満が生まれることもあるため、距離ですら楽しみながら遠距離恋愛をしていきましょう。そして、遠距離恋愛の日には、まったく別の場所に旅行なども計画して楽しみを増やしましょう。

長距離の遠距離恋愛の場合は?

日本国内であれば、まだ飛行機を使えば会うこともできますが、意外と多いのが海外との遠距離恋愛です。遠距離恋愛の定義として、国内は会えるから遠距離恋愛でもないという人もいるでしょう。本当に、会いたくてもすぐ会えない距離である海外と日本などを遠距離恋愛と定義する人が多くいます。たしかに、会いにいこうとなると、パスポートも必要になり、仕事をしていると休みもとらなければいけなくなります。

もちろん、インターネットが普及しメールやラインがすぐできる世の中ではありますが、あえて心をこめて手紙でやり取りをするのも楽しいです。1週間に1回の手紙の往復で、帰国までに何通かなど計算しておくと、手紙がくるたびにワクワクすることでしょう。また、何かと年末は飛行機も高いので、少し予定をはやめて遠距離恋愛の日に会いにいくといいでしょう。

遠距離恋愛の日は皆にエールを送る日。

比較的近い距離でも、海外のような遠い距離において恋愛をしている相手に会えないほど遠い距離と感じた時、その人にとって遠距離という定義になると思います。人それぞれ定義は異なりますが、相手を思う気持ちや会いたい気持ちは一緒です。遠距離をどう楽しむかを二人で考え、またいつ次は会うのかなど会えるという目標をもつことで、毎日が楽しく過ごすことができるでしょう。

12月21日「1221」の遠距離恋愛の日にあるように、二人の気持ちは離れていません。いつも、二人で寄り添っていることを言葉できちんと伝えておけば、遠距離を乗り越えることができるでしょう。そして、是非遠距離恋愛の日には、目を見て直接その気持ちを確かめましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう