防災の日 - 2017年9月1日 -

防災の日の起源や語源、歴史、
また防災の日に行われる行事など防災の日に関することを解説。

-AD-

防災の日とは

防災の日(9月1日)の起源は昭和35年(1960年)における内閣閣議了解による制定であり、昭和57年(1982年)より9月1日防災の日を含んだ一週間(8月30日~9月5日)は防災週間と定められました。「防災の日」の語源は、この時期の日本に多く発生する台風や高潮、他にも地震や津波などの災害について知識と、いつでも起こり得るという認識を深め、もし発生した場合の対処法や心構え等を準備するというものです。

防災の日に定められた9月1日という日付の由来は、大正12年(1923年)9月1日に発生した関東大震災です。
この日に起こった地震はマグニチュード7.9震度6という大規模なものであり、死者不明者は合わせて14万人を超し、全半壊家屋は25万棟超、焼失家屋は44万棟超、山崩れや津波も発生しました。
もう一つの由来として「二百十日」という厄日もあげられます。立春から数えて210日目は台風がやってくる厄日と言われており、太陽暦ではちょうど9月1日前後に当たります。

関東大震災後の昭和34年(1959年)9月26日には伊勢湾台風(死者行方不明者5000人超、負傷者約4万人)に見舞われ、日本では地震や風水害への対処法とそれに対する心構えの育成として、翌年に防災の日が制定されました。関東大震災後の9月1日には毎年、犠牲者慰霊祭が行われていましたが、防災の日の制定により、この日には防災訓練が全国各地において地域単位での活動として盛んに行われるようになっています。2011年3月11日発生の東日本大震災後には、さらに防災訓練が活発化しています。

最近の防災の日には、いまだに完全復興には至っていない東日本大震災の影響により、防災訓練はより具体的に行われています。比較的復旧の早い電気以外のライフラインである水道・ガスといったものが不通になっているという想定で、ガスボンベの本数・ガスが無くても出来上がるアルファ米の扱い方、他にも一時避難集合場所の確認など、具体的に行ってシミュレーションすることにより、実際災害に遭遇した際に慌てないで行動することの大切さをも学ぶ形となっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう