露天風呂の日 - 6/26 -

露天風呂の日の起源や語源、歴史、
また露天風呂の日に行われる行事など露天風呂の日に関することを解説。

-AD-

露天風呂の日の由来と各地のイベント

露天風呂の日は「西の横綱」である湯原温泉が町づくり事業の一環として6月26日に制定しました。その由来はどのようなものでしょうか。露天風呂の日の由来はとてもわかりやすい語呂合わせからきています。6月26日が「6(ろ).(てん)2(ぶ)6(ろ)」と読めることが由来となり湯原温泉からはじまった露天風呂の日ですが今では全国に広がり数多くの温泉地で露天風呂の日にイベントが行われています。湯原温泉以外では岐阜県の奥飛騨温泉郷や大分県の耶馬溪・本耶馬渓の温泉郷、熊本県の黒川温泉などが露天風呂の日のイベントを行う温泉地として有名です。露天風呂の日のイベントとしてこれらの温泉地では温泉の無料開放が行われています。

露天風呂の日の由来は語呂合わせ

露天風呂の日は1987年に岡山県の湯原温泉により制定された記念日です。湯原温泉は24時間無料で入ることのできる混浴露天風呂「砂湯」が有名な歴史ある温泉です。全国露天風呂番付では湯原温泉の砂湯が「西の横綱」に選ばれています。露天風呂の日の由来はどのようなものでしょうか。6月26日が露天風呂の日に定められたその由来は数字の語呂合わせからきています。「6.26」と記載するとよくわかりますが「6(ろ).(てん)2(ぶ)6(ろ)」と読めることがその由来となりました。とても分かりやすい由来ですね。このように露天風呂「砂湯」が有名な湯原温泉が発祥となっている露天風呂の日ですが、今では全国に広がっています。そのため6月26日には全国の様々な温泉地で露天風呂にちなんだイベントが行われるようになりました。

露天風呂の日に行われるイベント

「露天風呂の日」発祥の地である湯原温泉ではその由来ともなっている6月26日に温泉の恵みに感謝を込めたイベントが毎年行われています。美作三湯の一つである湯原の名湯を無料で楽しめるため温泉好きに人気となっています。早朝6時26分の御湯取りの儀に始まり、町内の旅館や温泉の内湯がこの日は無料で開放されます。町をあげての一大イベントとなっている「露天風呂の日」には特産品市やお茶席が設けられるなど温泉以外にも楽しみがいっぱいあります。また、毎年、様々なパフォーマンスも行われており大人から子供まで楽しめる盛りだくさんの一日です。年により解放される対象施設など開催の情報は異なりますので正しい情報は公式のホームページでご確認ください。

湯原温泉以外でイベントのある温泉地

湯原温泉以外でも全国の温泉地で「露天風呂の日」のイベントとして温泉の無料開放が行われています。北アルプスの懐に抱かれた岐阜県の奥飛騨温泉郷では、温泉郷内の指定露天風呂5箇所が無料で開放されます。また、全ての指定露天風呂のスタンプを集めるとオリジナルの記念品が贈呈されるイベントも行われています。名湯の多い九州でも「露天風呂の日」に無料開放される温泉があります。日本三大奇勝や日本新三景にも選ばれている景勝地である大分県の耶馬溪と本耶馬渓の温泉郷や今や九州で最も人気のある温泉と言える熊本県の黒川温泉でも無料開放のイベントが行われる温泉好きには嬉しい一日です。イベントの情報は毎年異なりますので各温泉の公式ホームページでご確認ください。

ぜひ宿泊して温泉を楽しみたい一日

露天風呂の日の由来はとてもわかりやすいので、覚えやすい記念日ですね。露天風呂の日には全国各地の有名な温泉地で温泉好きには嬉しい温泉の無料開放が数多く行われています。「露天風呂の日」は温泉を思いっきり満喫できる一日です。せっかくの機会に日帰りで帰るのはもったいないので宿泊して温泉のはしごをしてみてはいかがでしょうか。イベントを行っている温泉地の宿には露天風呂の日にちなんだお得な宿泊プランを用意しているところも数多くあります。ぜひ各温泉地のお宿に問い合わせてみてください。お得な料金でお宿に泊まれて温泉を楽しめるなんて「露天風呂の日」は最高の記念日ですね。ぜひこの機会に家族や恋人、親しい友人と水入らずの時間を楽しみ日頃の疲れをいやしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう