駅弁の日特集・仙台駅のおすすめの駅弁 - 駅弁の日 2018年4月10日 -

-AD-

駅弁の日特集・仙台駅の魅力的な駅弁

全国津々浦々、さまざまな駅弁が存在し、デパ地下やスーパーでも度々駅弁特集として色んな地域の駅弁が楽しめます。そして、4月10日の駅弁の日にはさらに多くのスポットで全国的に色んな駅弁を楽しむことができます。

そんな、駅弁の日にちなんで今回お届けするのが、東北地方の中でも最大クラスの都市として知られる宮城県は仙台市の仙台駅の駅弁。この地ならではの特産物・名産品をメニューとした駅弁が数多くリリースされており、実に魅力的です。

仙台といえばおいしいお米、そしておいしいお肉。とりわけ、牛肉が名物で、焼肉や牛タンなど、ご当地グルメを堪能したことがある方も多いはず。ぜひ駅弁の日におすすめ仙台駅・駅弁を堪能してください!

駅弁の日特集・仙台駅の駅弁は牛を楽しめ!

仙台駅のおすすめ駅弁といえば、やはり仙台名物・牛タンが楽しめる「炭火焼風牛タン弁当~塩竈の藻塩付き」を推したいです。TVやインターネットでたびたび話題になって、全国的に有名になった宮城・仙台市の牛タン。一度食べてみたかった、という方も多いでしょう。出張や旅行の際、せっかく宮城に訪れたはいいけれど、結局牛タンを食べることができなかった、という方に強くおすすめします。もちろん、メジャーな存在なので駅弁の日にデパ地下などでも見かけることができるはず。
メインの牛はもちろん、宮城県塩釜沖の海水を、ホンダワラという海藻に通して煮詰めて作ったという「塩竃の藻塩」が駅弁に添えられているところがおすすめのポイント。香ばしい牛タンに、塩竃の藻塩を付けると、より味わいが深まりおすすめ。ふんわりとした麦飯との組み合わせがヘルシーで、女性でもペロリと平らげてしまいますよ!

駅弁の日特集・大つぶ帆立と牛タン弁当

仙台駅では数々の牛・牛タンの駅弁が楽しめますが、こちらは少し変わった組み合わせ。名物である牛タンと照り焼きの帆立貝と、名産であるお米が出会った「大つぶ帆立と牛たん弁当」です。

帆立貝はちょっとピリッとした辛味がアクセントになっており、柔らかくてジューシーな貝柱、歯応えの良いひも、旨味のある肝と、堪能しがいがあります。貝柱がなんとも大きく、ボリューム満点です。塩味がきいた牛タンも当然ながら絶品で、おいしい白ご飯とともに一気に食べきってしまうことでしょう。海鮮、お米、そして牛といった三つの武器でせめて来る駅弁です。

ひとつめの牛タン弁当と同じく、紐を引っぱれば温まる駅弁なので、仙台駅はもちろん、駅弁の日などで各所デパ地下などで購入しても、ホカホカのお弁当を味わうことができ、おすすめです。

駅弁の日特集・宮城ろまん街道

仙台駅の駅弁の顔・こばやしの「宮城ろまん街道」もおすすめの駅弁です。農家の方々の写真がほっこりするパッケージを開けると、大きなおにぎりが目に飛び込んできます。

おにぎりは、清流・江合川と鳴瀬川が生み出した豊潤な大地・大崎耕土が育んだお米「ゆきむすび」を使用しており、米粒ひとつひとつに瑞々しさが感じられます。何より竹皮の器がいかにも駅弁という感じで、今回の駅弁の日特集にマッチする製品。1000円前後が多い駅弁において、850円と比較的リーズナブルなお値段もおすすめの理由のひとつです。

もちろん、味の面もみどころ・食べどころ満載。さきほどのおにぎり・味噌むすびや長茄子の漬物、レンコンの煮付け、かぼちゃ、鷄の照り焼きなどが竹籠に入っていて、とても素朴で温かみのあるお弁当でおすすめです。旅のお供にぜひどうぞ。

駅弁の日特集・女将のおもてなし弁当

正確な名称は「女将のおもてなし弁当〜鳴子温泉編〜」と、何だかドラマのサブタイトル風ですが、こちらも仙台駅の駅弁の中でも外せないおすすめ駅弁です。

鳴子地方といえば温泉ということで、温泉旅館の象徴的な存在である「女将」にスポットをあてた駅弁です。当然、女将おすすめの地元の食材や、古くから伝わる郷土料理、隠れた食材をふんだんに盛り込み、鳴子の魅力を詰めこんだ一品です。

赤飯と白米と麦飯のおにぎり、ご当地の新鮮な野菜や海鮮を揚げた天ぷら、名物の牛タン、そして華やかに彩られた野菜たちの煮物、焼き魚と紅ショウガという、宮城・仙台の魅力をぎっしり贅沢に詰め込んでいます。

仙台駅はもちろん、上野駅など全国で広く購入できるため、ぜひ一度召し上がってみてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう