駅弁の日特集・四国の人気駅弁ランキング! - 駅弁の日 2018年4月10日 -

-AD-

駅弁の日特集・四国の駅弁ランキング1

四国の駅弁の中でも、シンプルかつ人気の高い高松駅(香川県)の「たこ飯」弁当がランクイン。ぶつ切りのたこの旨味を最大限に活かす、醤油ベースのスープで煮込まれており、ごはんとともにそのスープで味わい深い風味が封じ込められた、たこ飯弁当です。

イイダコ・たこ足がトッピングされており、香川名物の醤油豆や筑前煮といったおかず、アクセントに菜の花や生姜などの箸休めも添えられており、ふんだんに海の幸とごはんの旨味を楽しむことができるお弁当です。

四国・香川へ旅をしたときはもちろん、駅弁の日にちなんだ各地デパ地下の駅弁特集などでも見かける機会があるはず。来る駅弁の日には要チェックですよ!お値段も880円と良心的。

駅弁の日特集・四国の駅弁ランキング2

駅弁の日特集、四国の人気駅弁ランキングの二つ目は今治駅(愛媛県)の「瀬戸の押寿司」です。

木で作られた井桁型の器の中に、さらに熊笹に包まれ風貌はもちろん、香りも抜群。上品な押し寿司のネタは、激しい潮流で知られる来島海峡育ちの鯛を使用しており、身の締まりは絶品です。このランキングの中でも特に人気のあるお弁当です。

おいしく炊かれた白飯に、酢を控えめにすることにより、鯛の風味を際立たせています。鯛の身はさっぱりしつつも脂がのっており、酢飯とよくマッチしています。四国・愛媛に訪れたならぜひ購入しておきたい、当ランキングおすすめの駅弁です。

今治駅で購入して、電車の中で開けて鼻孔をくすぐる感覚をぜひ味わってください。

駅弁の日特集・四国の駅弁ランキング3

駅弁の日特集、四国の人気ランキング三つ目のお弁当は松山駅(愛媛県)の「醤油めし」です。愛媛の名物が盛り沢山に詰め込まれたお弁当で、こちらも当ランキングでは人気の駅弁。なんと、昭和30年代から愛されている老舗のお弁当。

メインとなる醤油めしは、伊予地方の郷土料理であり、濃口醤油で米と季節の食材を炊き込んでおり、お米は冷めてもふっくら味わい深いです。一粒一粒に醤油の風味が染み込んでいます。

おかずには切り干し大根や鶏肉、小芋・れんこん・ふき・たけのこなどの季節の野菜や山菜の炊き合わせなど、昔懐かしいふるさとの惣菜が所狭しと詰め込まれています。パッケージもかわいくて、人気のおすすめ駅弁です。

駅弁の日特集・四国の駅弁ランキング4

駅弁の日特集、四国の人気ランキング四つ目は、同じく松山駅(愛媛県)の「坊ちゃん辨當(べんとう)」です。なんと550円というリーズナブルなお弁当。夏目漱石の代表作、「坊っちゃん」の舞台となった愛媛・松山駅で買えるおすすめ駅弁です。

笹の葉をデザインした容器の中身は、梅ときなこのおにぎり、焼き鮭、えびの天ぷら、肉巻きフライ、肉団子玉子焼、そしてデザートにオレンジ、ようかんなどなど。夏目漱石の好物を詰めたというユニークなお弁当です。

きなこが好きだったのか、天ぷらやフライなんて夏目漱石も意外と子供だったのかなんて楽しみながら食べてください。バラエティ豊かなおかずたちが盛り沢山なので、たっぷり食べたい方も大満足。

駅弁の日特集・四国の駅弁ランキング5

さて、ランキング最後のお弁当は徳島駅(徳島県)の「阿波地鶏弁当」です。2003年にユニークなネーミングの地鶏「阿波尾鶏(あわおどり)」をメインに据えて復活した駅弁です。

阿波尾鶏は、低脂肪でありながらコラーゲンたっぷり、ヘルシーで身が締まった肉質と歯応えの良さに定評があるお肉。気になるお弁当の中身は、茶飯の上に阿波尾鶏のそぼろ、濃厚なタレを絡ませたモモ肉の照り焼きを豪快にのせた豪華なお弁当です。

タレの味わいが肉に良く馴染んでおり、あっという間に食べてしまいそう。地鶏の照焼きは、適度な甘さのタレがまんべんなく浸透しており、噛むほどに旨みが広がります。徳島に訪れた際にはぜひ列車内で食べていただきたい一品です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう