駅弁の日には関西の人気駅弁ランキングのお弁当はいかが? - 駅弁の日 2018年4月10日 -

-AD-

名物駅弁「ひっぱりだこ飯」

新神戸駅、西明石駅、神戸駅、大阪駅、新大阪駅、京都駅で購入することができる関西の駅弁のランキングで1位になっているのがこちらの「ひっぱりだこ飯」です。1998年に明石海峡大橋の完成を記念して発売されました。

駅弁の日にふさわしい独特の容器に入っているご飯です。オリジナル蛸壺型の陶器の中に炊き込みご飯、蛸、穴子、季節の野菜などが盛り付けられています。ランキング入りするのも納得の陶器の容器は食べ終わった後には良い記念にもなります。

どの季節でも関係なく購入できるので、駅弁の日以外でももちろん買っておみやげにするのも良いでしょう。関西らしく、大きくてごろっとした蛸が入っているのが特徴です。

関西方面ではロングセラーになっている駅弁なので、ランキングトップに入るのも納得のおいしさとなっています。

ボリュームのある神戸のステーキ弁当

関西の駅弁のランキングで第二位に入っているのはせっかく駅弁の日なら食べておきたい「神戸のステーキ弁当」です。

関西でお肉といえば神戸牛が思い浮かぶ人も多いですが、こちらは牛肉1枚をステーキにしてキノコごはんの上にのせ、ポテトや野菜などを添えた駅弁です。

駅弁ということで、購入できる駅は新神戸駅、西明石駅、神戸駅、大阪駅、新大阪駅、京都駅です。駅弁の日に限らず、関西へお出かけの時にはぜひ駅弁のランキング上位に入るこのお弁当も食べておきたいものです。

容器を包むペーパーには、手書き風の文字で「神戸のステーキ弁当」と書かれており、親しみを持つことができます。ランキング上位の中でも特にボリュームがあるので、おなかを満腹にしたい時には良いです。

駅弁の日に美味しい近江牛すき焼き弁当

駅弁の日にぜひ食べておきたい関西のランキングで第3位にランクインしているのは「近江牛すき焼き弁当」です。

近江牛は日本三大和牛の一つで、口の中でとろけるようなおいしさが特徴です。ランキング入りしているだけにボリュームもあります。関西といっても購入できる駅は草津駅だけです。

近江牛のすき焼き風に錦糸卵、糸こんにゃく、タマネギがごはんの上にたっぷりとのせられ、赤かぶらも添えられています。どの季節でも購入することはできますから、関西の草津方面へ出かける時には購入してみるのも良い思い出になります。

ちょっと贅沢なお弁当を食べたい時にはぴったりな駅弁だといえます。容器はシンプルなものになっています。

駅弁通に人気の「湖北のおはなし」

駅弁の日には駅弁通の間でも人気の高い「湖北のおはなし」を食べてみるのもありです。関西の駅弁のランキングで4位に入るこのお弁当は米原駅、長浜駅などで購入することができます。

唐草模様のふろしきに包まれており、それを開けると竹すだれに巻かれた状態になっています。駅弁の日にはこういう変わったお弁当を食べるのも面白いでしょう。

中は季節によって具材を変えているおこわ、湖北地方の名産を使ったおかず、どこか懐かしい味わいになっているのが人気の理由の一つです。

お弁当箱の隅っこにはご縁があるようにと5の目を上にしたサイコロがあり、この中には食べ終わった後に口直しをできるようにと飴が一つ入っています。

冷めてもかたくならないステーキ弁当

駅弁の日には少し豪華な駅弁を食べてみたいものです。こちらのステーキ弁当は米原駅、長浜駅で購入できます。

分厚めに焼かれているステーキは軽く塩・こしょうがされてる程度なので、添えられている醤油や粒マスタードなどを使って自分で味を調整して食べます。ランキングでは第5位の人気になっており、駅弁の日以外でも食べてみたいと思われるおいしい味です。

白いごはんの上には黒胡麻、赤かぶらのお漬物、おかずはポテトやおひたしなどシンプルになっており、お肉をメインに楽しんで食べられます。

このステーキは冷めてしまってもかたくならないのが特徴で、しっかりとした食感を楽しみながらお肉を食べることができます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう