北海道地方でしか知られてないユニークなCMソング - CMソングの日 2018年9月7日 -

CMソングは全国的に放送されている場合には多くの国民の中で定着している事が多いものですが、地方限定で流されているユニークなCMソングというものも少なくありません。特に北海道で多く、道民なら誰もが歌えるものが多数あります。

-AD-

CMソングは地方の方がよりユニークでフリーダムに

ユニークな地方CMソングを聞いたり見たりしたいと考えている人も多いことでしょう。現在は動画共有サイトで全国のご当地ユニークソングを簡単に視聴できる時代となりました。地方独自のCMソングをじっくりと楽しむという時間の使い方もなかなか良いものです。ユニークでちょっと笑ってしまうようなCMソングを聞くと、なんだか懐かしさも感じられるものでないでしょうか。

また馴染みのない地域であっても、その地方独特の雰囲気やノリの良さというものが理解できるものであるともいます。検索をかけてみると、圧倒的に地方CMの多いのは北海道地方となっています。北海道の自由な雰囲気が作り上げるユニークなCMソングをいろいろと紹介しましょう。

商品名と企業味を連呼する印象的なCMソング

北海道地方では画像のインパクトと同時に商品名や企業名を連呼するという強引とも思えるCMソングも少なくありません。代表的なものとしてあげられるのが「木の城たいせつ」のCMソングでしょう。現在は別会社となりつつもその会社名は存続しており、北海道地方に深く根ざしている会社名でもあります。

そのCMは、巨大な北海道の映像が徐々にズームアップし、「北海道の家」と軽快に歌い始め「木の城」が掛け合いながら5回連呼された後に「木の城たいせつ」という企業名で締められます。これは商品名と企業を同時に宣伝する効果が抜群で、最も業績の良い時期には北海道の新築住宅のシェアをかなり占めていたことからも、このユニークなCMソングが効果的であったことがわかるでしょう。」

北海道で長く愛されているCMソング

北海道地方は古くから民放が5局体制となっており、独自性も強い地方であるために多くのユニークなCMソングがあります。その中でも有名で、北海道地方の人であれば誰でも歌うことができるCMソングと言えば、洞爺湖のホテル「サンパレス」と、お菓子メーカーである千秋庵の「山親爺」でしょう。

ホテルサンパレスは「ここはお風呂の遊園地」から始まる耳に残るメロディーで「行ってみたいなサンパレス」を2回繰り返して終了という短い曲ですが、このユニークなCMソングのおかげで認知度は抜群です。北海道地方では誰しもが知る有名ホテルとなっています。「出てきた出てきた山親爺」で始まる千秋庵のCMソングは、リズムの良い明るい歌で熊の親子がスキーを滑るアニメとともに流れます。古くからありますが21世紀になった現在でも流されている味わいのあるユニークなCMです。

北海道といえばお菓子も有名なCMソングで宣伝される

北海道の石屋製菓の代表製品である、クッキーにホワイトチョコ江を挟んだお菓子「白い恋人」のCMソングも有名です。CMソングと言うよりはサウンドロゴに近いものですが、北海道地方の人ならば「白い恋人」にフレーズを着けて歌うことができるはずです。澄んだ女性の高い声は何十年も変わらぬCMソングとして多くの道民の耳に残り続けています。

また苫小牧の三星は、食べづらいことを逆手に取ったユニークなCMソングを流しています。よいとまけというお菓子で、全面的にジャムがコーティングされているために「食べづらい、でもとっても美味しい、よいとまけ」と、自虐的なCMソングで人気を集めています。もちろん実際に食べづらいです。

ユニークなCMが多いのも道民のおおらかな気質

北海道は全国各地からに移民によって成り立っている地域です。それぞれの文化が持ち寄られ、そしてそれらの良いところや合理的な部分を取り入れることで、新しいものを受け入れることや、新しいものそのものが好きという道民性が定着しています。

また北海道内は各企業の商品の先行販売にも選ばれる地域でもあります。ユニークなCMを放映して北海道内の知名度が爆発的に上がったあとは全国一斉発売という可能性も考えられます。

北海道内でユニークCMの放映が圧倒的に多いのが上記のような理由ではないかと考えてもよいでしょう。もしも北海道外にお住まいの方は、一度北海道を訪れてユニークCMに注目してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう